京都府

秋季特別展「水木しげる 魂の漫画展」

日本漫画界の鬼才・水木しげる、本名・武良茂〈むら しげる 1922~2015〉氏は、その生涯を現役で在り続けた。鳥取県境港で幼少期を過ごした彼は、正福寺所蔵の「地獄極楽絵図」に心を奪われ、以来、不思議な世界に魅入られるようになる。そして太平洋戦争中には、激戦地・ラバウルで片腕を失い、生と死の境をさまよう壮絶な体験をする。
本展は、水木しげる氏が93年間の生涯をかけ、魂を込めて描き続けた作品に焦点をあて、生原稿・原画のほか、少年期に描いた貴重なスケッチなど、未公開作品を含む約300点を紹介する。「ゲゲゲの鬼太郎」に代表される妖怪漫画のほか、短編や戦記物、人物評など、対象への深い探求心・洞察力が生み出した多彩な水木ワールドをぜひ楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2018.09.222018.11.25
  • 会場

    龍谷ミュージアム
    http://museum.ryukoku.ac.jp/
    京都市下京区西中筋通正面下る丸屋町117
  • 観覧料金

    一般1200円、高校・大学生800円、小・中学生400円

    ※小学生未満、障がい者手帳等の交付を受けている方およびその介護者1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    龍谷大学 龍谷ミュージアム、産経新聞社、京都新
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は翌日)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る