京都府

華ひらく皇室文化 明治150年記念 明治宮廷を彩る技と美(京都展)

公式サイト

2018年は、明治改元から150年にあたり、これを記念して明治期の華やかな皇室文化をテーマに特別展を開催する。
本展は、明治宮廷前史として幕末から政治の舞台となった京都における天皇と皇室の波乱に満ちた時代から始まる。1869(明治2)年、明治天皇が東京へ移居し、天皇を中心とした近代国家の建設が進められるが、欧米と並ぶ文明国家をめざす明治政府は、欧米諸国との融和を図るため鹿鳴館や明治宮殿で外国使臣をもてなすなど欧化政策をとる。一方で江戸時代から続く日本独自の優れた美術・工芸を世界に発信するため、帝室技芸員制度を作り、その保護・育成にも努めた。京都から多くを輩出した帝室技芸員の貴重な作品からも明治宮廷文化の美と技を紹介する。
前期:10月2日(火)-10月28日(日)/後期:10月30日(火)-11月25日(日)

開催概要

  • 会期

    2018.10.022018.11.25
  • 会場

    京都文化博物館
    http://www.bunpaku.or.jp/
    京都市中京区三条高倉
  • 観覧料金

    一般1400円、大高生1000円、中小生500円

    ※総合展示とフィルムシアターもご覧いただけます

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    京都府、京都文化博物館、毎日新聞社、毎日放送、京都新聞
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館、10月22日(月)は開館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで ※金曜日は19:30まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る