岐阜県

加藤土師萌展 色絵磁器を極めた人間国宝 その技とデザイン

加藤土師萌(かとうはじめ・1900-68)は、富本憲吉と並んで色絵磁器の陶芸家として広く知られている。1900年、愛知県瀬戸に生まれて地元で図案を学んだ後、多治見の岐阜県陶磁器試験場に迎えられ、さらには横浜の日吉に窯を築き、陶芸家として独立した。1955年には東京芸術大学教授となって教鞭を執るかたわら、苦心の末に中国色絵磁器のなかでも最も難しいとされた「黄地紅彩」や「萌葱金襴手」などを再現し、1961年に色絵磁器で人間国宝に認定されている。晩年、皇居新宮殿におさめる萌葱金襴手菊文蓋付大飾壺の制作に没頭し、完成間近の1968年に他界した。
本展覧会は、加藤土師萌の没後50年を記念し、初期の岐阜県陶磁器試験場で制作された作品をはじめ、その後の横浜時代に手掛けられた多彩な技法による作品、海外を訪れた際の街並みや陶磁器を描いたスケッチなどによって、幅広い創作活動を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.09.082018.11.04
  • 会場

    岐阜県現代陶芸美術館
    http://www.cpm-gifu.jp/museum/01.top/index1.html
    多治見市東町4-2-5 セラミックパークMINO内
  • 観覧料金

    一般900円、大学生700円、高校生以下無料

    ※障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
    ※11月3日(土・祝)文化の日は観覧無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    岐阜県現代陶芸美術館
  • 休館日

    月曜日(9月17日、24日、10月8日は開館)、9月18日(火)、10月9日(火)

    ※加藤土師萌命日の9月25日(火)は特別開館

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る