福井県

幕末明治のアートシーン〜福井ゆかりの作家と同時代の巨匠の作品から〜

幕末から明治という激動の時代は、政 治・社会のみならず美術にも大きな変化をもたらし、さまざまな表現や作品・作家が生まれた。今年は 1868 年の明治維新から 150 年 という記念の年。これにあわせ、本展では近代に活躍した美術指導者・岡倉 天心や日本画家・幸野楳嶺、島田墨仙 いった福井ゆかりの人物や作家を紹介する。あわせて彼らが交流を持ち、そして同時代に活躍した横山大観や菱田春草、竹内栖鳳など巨匠の作品も展示し、当時の美術界の動向を紹介する。
※会期中展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2018.09.222018.11.01
  • 会場

  • 観覧料金

    一般・大学生100円

    ※20名以上の団体は2割引
    ※70歳以上、高校生以下、障害者手帳所持者と、その介助者1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    福井県立美術館
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※9/29(土)・30(日)、10/6(土)〜8(祝・月)、10/13(土)・14(日)は19:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

ナカムラジュンコ展/ポール・コックス展

ナカムラジュンコ展では、フランス在住の日本人イラストレーター、ナカムラ ジュンコは、単身渡仏し創作活動を続けてきた。良質な絵本を多数刊行しているフランスの出版社・MeMoから絵本を出版し、フランス各地でワークショップも開

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る