富山県

花鳥風月 こころに響く美の世界 光ミュージアムの名品より

岐阜県高山市にある光(ひかる)ミュージアムは、平成11年4月に開設された、中部地区最大級の博物館・美術館の複合施設。太古の化石資料から古代文明にまつわる遺物、古画、浮世絵、日本画、書、洋画、工芸、現代美術など、収蔵内容は多岐にわたる。なかでも、近代日本画・浮世絵・書を軸とする美術コレクションは、質・量ともに有数のコレクションですが、これまでまとまった形で紹介される機会はなかった。
本展では、「花鳥風月」の主題のもと、光ミュージアムが所蔵する近世から現代までの日本画の名作を中心に、書や陶芸を加えて代表作の数々を紹介。そこには、四季折々の美しい風景や風物とともに生き、「花鳥風月」という言葉に託して謳いあげてきた、日本古来の美意識を見ることができるだろう。

開催概要

  • 会期

    2018.09.142018.11.04
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1200円、大学生900円

    ※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、18歳以下の方、各種手帳をお持ちの方は観覧無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    富山県、花鳥風月展実行委員会(富山県水墨美術館、北日本新聞社)
  • 休館日

    月曜日(9月17日、9月24日、10月8日は開館)、9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る