東京都

標本づくりの技-職人たちが支える科博-

博物館が収集した自然物や科学技術の産物などの「モノ」は、「標本化」という手順を経てはじめて、標本として研究・展示に活用され、長期保管が可能となる。本展では、標本とは何か?に始まり、あまり知られていない標本づくりの「技(ワザ)」を、国立科学博物館の動物・植物・地学・人類・理工学の5研究部ごとに紹介。 標本づくりの技を習得した者はまさに職人と呼ぶに相応しく、職人たちと標本づくりの質が標本の生命を左右する。職人たちによって作られた数々の標本に加え、標本づくりの技や道具類も数多く展示。また、標本づくりの作業現場も再現した。まるで博物館のバックヤードにいるような臨場感を楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2018.09.042018.11.25
  • 会場

  • 観覧料金

    一般・大学生620円、高校生以下および65歳以上無料

    ※年齢が分かる証明書等を提示
    ※障害者の方、原子爆弾被爆者の方、戦傷病者の方及びそれらの方々1名につき、介護者1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    国立科学博物館
  • 休館日

    月曜(月曜日が祝休日の場合は開館し火曜日休館、10月1日(月)は開館)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※金・土曜日及び10月31日(水)、11月1日(木)は20:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

明治150年記念 日本を変えた千の技術博

日本は明治維新により立憲政治や議会政治を西洋から導入し、政治・経済システムを大きく変えた。これは、西洋技術を積極的に導入し、産業構造を大きく変え、変革に沿った新しい教育体制を構築していくなど、科学・技術が日本の社会システ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る