東京都

「超えて行く風景」展 梅沢和木+TAKU OBATA

梅沢和木とTAKU OBATA は二人とも2000年以降に活動を始めた同世代のアーテイスト。梅沢和木の作品は、パソコンの中から素材となる画像を探し、それらをコラージュによって一つの平面に凝縮させ、それを印刷し、上からアクリル絵の具などで加筆して作られる。つまり画像と現実を行き来しながら作り出す「絵画」なのだ。 本展は、会期スタート後の梅沢和木の新作も展示に加えていく。TAKU OBATAは、デフォルメされているがギリギリ身体の構造を保った人間の動きと、コンピューターがフリーズした水平垂直だけのバグのようにもみえる激しくデフォルメされた衣服、この二つの関係を追求し不思議な空間を作りだす。さらにOBATAは、それをあえて木彫というクラッシックな手法で彫り上げる。つまり二人の作品は、現実空間とデーターの中の世界を自由に行き来できる私たちの時代精神が作り出したもの。今回の展覧会では、重力や伝統から解放された二人の作品から、「超えてゆく風景」をのぞいてみたい。

開催概要

  • 会期

    2018.09.012018.12.02
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円、学生800円、会員無料(25才以下)

    ※ペア割引:大人2人1600円、学生2人1200円、小・中学生500円、70歳以上の方700円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    ワタリウム美術館
  • 休館日

    月曜日(祝祭日除く)

  • 開館時間

    11:00〜19:00 ※水曜日は21:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

生誕150年 原三渓ー茶と美術へのまなざし

明治・大正そして戦前の日本美術コレクターであり、茶の湯も愛好した横浜の実業家・原三溪(1868~1939)。本年が生誕150年を迎えることを記念して、20年ぶりに同館が所蔵する原三溪旧蔵の書画と工芸品約50点を一挙公開す

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る