東京都

松岡コレクションの日本油彩画

同館の創設者、松岡清次郎が独自の審美眼を頼りに蒐集した日本洋画作品は130点余り。その多くは1970-80年代の団体展出品作。画家たちが情熱を込めて制作した作品の数々を、楽しんでほしい。約25点の出品予定。

開催概要

  • 会期

    2018.10.242019.02.11
  • 会場

  • 観覧料金

    一般800円、65歳以上・障害者700円、中高大生500円

    ※20名以上の団体は各100円引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    松岡美術館
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

松岡コレクション―中国動物俑の世界

古代中国の人々は死後も霊魂が存在すると信じ、墓所で先祖の霊魂が不自由なく暮らせるよう、人や動物などを象ったやきもの‐陶俑を副葬した。 本展では、午年であった同館の創立者 松岡清次郎が好んで蒐集した、三彩馬を始めとした漢代

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る