東京都

松岡コレクション―中国動物俑の世界

古代中国の人々は死後も霊魂が存在すると信じ、墓所で先祖の霊魂が不自由なく暮らせるよう、人や動物などを象ったやきもの‐陶俑を副葬した。
本展では、午年であった同館の創立者 松岡清次郎が好んで蒐集した、三彩馬を始めとした漢代から唐代の動物俑を中心に、多彩な陶俑の魅力を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.10.242019.02.11
  • 会場

  • 観覧料金

    一般800円、65歳以上・障害者700円、中高大生500円

    ※20名以上の団体は各100円引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    松岡美術館
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

鍋島と古九谷―意匠の系譜―展

古九谷様式の時代にあたる17世紀中期の佐賀・有田では、成形や絵付けなどの技術革新がんだ。そして生み出されたのは、大胆な配色と構図の色絵や、より鮮やかな発色となった染付、土型を駆使した薄造りの変形小皿など、器形や装飾、意匠

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る