東京都

笠井誠一展 -形の世界-

笠井誠一(1932~)は、札幌市に生まれ、東京と名古屋を中心に活躍してきた油彩画家。17歳で上京し、練馬区内に居住。都立石神井高校、阿佐ヶ谷洋画研究所夜間部に通い、1953年東京藝術大学美術学部絵画科(油画・伊藤廉教室)に入学する。絵画科卒業、専攻科修了後は同大で副手を務めた後、1959年フランス政府給費留学生に合格。パリに渡った。パリでは国立高等美術学校(エコール・デ・ボザール)のモーリス・ブリアンション教室で学び、サロン・ドートンヌに入選、フランス政府買い上げとなるなどの活躍を見せた。66年の帰国後は、愛知県立芸術大学で教鞭を執る(~1998年)と同時に東京都八王子市にアトリエを構え、東京・愛知を往復する日々が始まる。70年代後半より、現在につながる静物画を中心とした制作が固められ、また85年以降は立軌会に同人として参加している。笠井は、楽器や日用品などのモチーフを、室内に配した静物画で知られているが、本展では初期の風景画や人物画から始まり、現在までの笠井の画業を辿ると共に、アトリエで使用されているモチーフや資料などから、作家の緻密な構図を紐解いていく。

開催概要

  • 会期

    2018.10.072018.11.25
  • 会場

  • 観覧料金

    一般800円、高・大学生および65~74歳600円、中学生以下および75歳以上無料、障害者一般400円、高校、大学生500円

    ※一般以外のチケットをお買い求めの際は、証明できるものをご提示ください。(健康保険証・運転免許証・障害者手帳など)
    ※障害をお持ちの方の付き添いでお越しの場合、1名様までは障害者料金で観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    練馬区立美術館(公益財団法人 練馬区文化振興協会)、東京新聞
  • 休館日

    月曜日(10月8日(月・祝)は開館、翌9日(火)は休館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

霧の抵抗 中谷芙二子

いま、切実に問われているのは、人間と自然との間の信頼関係ではないかと思う。私たち都会人は、ペットボトルの水しか信用しなくなってしまった。水道の水は臭くて飲めない。川や海は汚染されているからプールで泳ぐ。そこまで自然を信用

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る