東京都

江戸絵画の美―白隠、仙厓から狩野派まで―

公式サイト

細川家には多彩な江戸時代絵画が伝わる。江戸時代に幕府や諸大名の御用絵師の座をほぼ独占した江戸狩野派の優品をはじめ、動物画を得意とした森派、谷文晁の《東海道勝景図》などがある。また、細川家8代目の重賢は数々の写生帖を制作させて江戸時代における博物学に多大なる影響を与え、10代目の斉滋は自らも絵筆を揮い、中国絵画や絵巻物を収集して配下の御用絵師たちに学ばせ、熊本に多彩な絵画文化をもたらした。さらに、細川護立が数多く収集した白隠や仙厓の作品も見逃せない。本展ではこのような江戸時代絵画のコレクションの中から、選りすぐりの名品を紹介する。
※会期中、一部展示替え有り

開催概要

  • 会期

    2018.10.132018.12.05
  • 会場

    永青文庫
    http://www.eiseibunko.com/
    文京区目白台1-1-1
  • 観覧料金

    一般800円、シニア(70歳以上)600円、大学・高校生400円

    ※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    永青文庫美術館
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜16:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

新・桃山の茶陶

信楽・備前・伊賀の大胆な篦目(へらめ)と歪み、志野の白釉に浮かぶ力強い鉄絵、織部の多彩な形と爽快な釉薬の掛け分け、そして唐津の自由な文様表現。16~17世紀初頭に作られたこれら「桃山の茶陶」は、唐物にはない和物茶陶ならで

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る