東京都

民藝 MINGEI -Another Kind of Art展

1925年、民衆の用いる日常品の美に着目した柳 宗悦(1889-1961)が、無名の職人たちによる民衆的工芸を初めて『民藝』と名づけた。
民藝の特徴でもある風土や風習を生かしたものづくりは、世代を超えて受け継がれていくなかで、素材、色、工程、用途、形などの独自性が際立ち、革新的で衝動的な、枠に捉われない創意工夫へと発展していった。
地域ごとの特色が失われ、ものへの愛着が希薄になりがちな時代だからこそ、民藝に宿る無垢な美意識と精神性は、使い手のみならずものづくりに携わるすべての人々に大きな衝撃を与え、新しいエネルギーを生み出すきっかけとなるのではないだろうか。
本展では、21_21 DESIGN SIGHTディレクターでもあり、日本民藝館館長を務める深澤直人が、同館の所蔵品を中心に、新旧さまざまな100点余りの民藝を選び抜き、紹介する。また、撮り下ろしインタビューや制作現場の映像、民藝の新たな表情を映し出す写真、日本民藝館設立時の貴重な資料などの多彩な展示を通して、これからのデザインのインスピレーションとなる「Another Kind of Art=民藝」を紐解いていく。

開催概要

  • 会期

    2018.11.022019.02.24
  • 会場

    21_21 DESIGN SIGHT
    http://www.2121designsight.jp/
    港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
  • 観覧料金

    一般1100円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料

    ※障害者手帳をお持ちの方と、その付き添いの方1名は無料
    ※サントリー美術館で開催中の展覧会の半券またはメンバーズ・クラブ会員証のご提示で、入場料100円引き(1名様のみ、他の割引との併用不可)
    ※21_21 DESIGN SIGHTにて開催中の展覧会の半券またはメンバーシップパスのご提示で、サントリー美術館の入館料が同様に割引
    ※東京ミッドタウンカードのご提示で入場料100円引き(1名様のみ、他の割引との併用不可、ポイント加算は行っておりません)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
  • 休館日

    火曜日(12月25日は開館)、年末年始(12月26日 – 1月3日)

  • 開館時間

    10:00〜19:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

江戸絵画の美―白隠、仙厓から狩野派まで―

細川家には多彩な江戸時代絵画が伝わる。江戸時代に幕府や諸大名の御用絵師の座をほぼ独占した江戸狩野派の優品をはじめ、動物画を得意とした森派、谷文晁の《東海道勝景図》などがある。また、細川家8代目の重賢は数々の写生帖を制作さ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る