東京都

愛について アジアン・コンテンポラリー

公式サイト

発展と変容の著しいアジア。現代写真・美術の世界においても、アジアに向けられる視線はますます熱くなっている。本展は家族、セクシュアリティ、ジェンダーのあり方に焦点をあて、変わりゆくアジアの現在を紹介する。出展作家は、中国、シンガポール、台湾、韓国、在日コリアン、そして日本の女性アーティストによって構成されている。国も年齢もアーティストとしてのキャリアも異なる彼女たちの作品は、アジアン・コンテンポラリーとして高い評価を得ているという共通点以上に、女性の価値観が様々に変容するアジアの“今”を共有している。彼女たちはそれぞれの現実を直視し、それぞれの“今”に思いを巡らせながら走り続けている。その眼差しの奥底にあるもの、それは「愛について」。

開催概要

  • 会期

    2018.10.022018.11.25
  • 会場

    東京都写真美術館
    http://topmuseum.jp/
    目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
  • 観覧料金

    一般800円、学生700円、中高生・65歳以上600円

    ※小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
    ※第3水曜日は65歳以上無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館、東京新聞
  • 休館日

    月曜日(10月8日は開館、10月9日は休館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで ※木・金曜日は20:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

肉筆浮世絵と白いやきもの

開室3周年をむかえる10月。 肉筆浮世絵を6作品―「寛文美人図」、「男舞図」、「若衆図」(菱川派)、「桜下美人図」(勝川春章)、「若衆観楓図」(伝近藤勝信)、「炬燵を囲む男女図」(伝菱川師信)―を展示する。 1階には「白

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る