東京都

アジアにめざめたら アートが変わる、世界が変わる 1960-1990 年代

公式サイト

アジア各地のアヴァンギャルド・アートが東京に集結!
本展はかつてないスケールで、アジア各地の現代アートの黎明期である1960 年代から1990 年代に焦点をあてる展覧会。
日本、韓国、台湾、中国、香港、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシア、インドなど、10を超える国と地域の90組以上の作家による、激動の時代に生まれた挑戦的かつ実験的な約140点の作品を一堂に集め、その共通点と違いを発見していく。会場には絵画、彫刻、版画、写真、映像、パフォーマンス、インスタレーションなど、多様なアヴァンギャルド・アートが並ぶ。
日本、韓国、シンガポールの国立美術館3館と国際交流基金アジアセンターによる5年に及ぶ共同プロジェクトの集大成として、日本で開幕、その後韓国とシンガポールに巡回。

開催概要

  • 会期

    2018.10.102018.12.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1200円、大学生800円

    ※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料(それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等を提示)
    ※キャンパスメンバーズ加入校の学生は、学生証の提示で割引料金500円で鑑賞
    ※本展の観覧料で入館当日に限り、「MOMATコレクション」(4-2F)、「遠くへ行きたい コレクションを中心とした小企画」(2F ギャラリー4)、「日本・スウェーデン外交関係樹立150周年 インゲヤード・ローマン展」 (工芸館)もご覧いただけます
    ※リピーター割引:本展使用済み入場券をお持ちいただくと、2回目以降は特別料金 (一般 500 円、大学生 250 円)でご覧いただけます
    ※11月3日は無料観覧日

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京国立近代美術館、国際交流基金アジアセンター、韓国国立現代美術館、ナショナル・ギャラリー・シンガポール
  • 休館日

    月曜休館(12月24日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

林原美術館所蔵 大名家の能装束と能面

室町時代に成立した能は、江戸時代に幕府の式楽となり、武家のたしなみとして、演能や能の稽古が大名の間で盛んになった。演能に使われる能装束は、武家の公服や平服がもとになり、桃山時代から江戸時代にかけて、芸能衣装として独自

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る