群馬県

岡本太郎と『今日の芸術』絵はすべての人の創るもの

公式サイト

《太陽の塔》やTV・ラジオ出演などを通して文化的アイコンとなった岡本太郎。彼は戦後に数多くの芸術論を残し、とりわけ1954年の著作『今日の芸術』は、創造的に生きるための入門書として、美術書としては異例のベストセラーとなった。太郎は本書において、「芸術は万人によって、鑑賞されるばかりでなく、創られなければならない」と述べた。自分たちの感性で芸術に触れ、自分たちの手で文化を作り上げて行くことを訴えかけたメッセージは、同時代の若者や芸術家を挑発した。本展では、太郎が『今日の芸術』以降、戦後社会に与えたインパクトを検証する。岡本太郎の作品・映像資料のほか、彼に刺激を受けた芸術家たちの作品を通し、今もなお我々を鼓舞する太郎の思想を読み解く。2018年3月には、前橋・広瀬川河畔に《太陽の鐘》が設置された。「森羅万象が叫ぶような、あらゆる音を立てる」鐘とともに、岡本太郎の世界を体験してほしい。
※会期中、一部展示替えあり
前期:2018年10月5日(金)~11月20日(火)
後期:2018年11月22日(木)~2019年1月14日(月・祝)

開催概要

  • 会期

    2018.10.052019.01.14
  • 会場

    アーツ前橋
    http://www.artsmaebashi.jp/
    前橋市千代田町5-1-16
  • 観覧料金

    一般600円、学生・65歳以上・団体(10名以上)400円、高校生以下無料

    ※10月5日~10月30日はアーツ前橋の開館5周年を記念して入場無料
    ※1月7日は太郎の命日のため入場無料
    ※障害者手帳等をお持ちの方と介護者1名は無料
    ※次のいずれかの条件に該当の方は、観覧料が400円
    1)トワイライト割:17時以降にご来場された方、
    2)太陽の鐘割:携帯電話やカメラで「太陽の鐘」を撮影した写真を受付で提示した方

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    前橋岡本太郎展実行委員会
  • 休館日

    水曜日、12月28日~1月4日

  • 開館時間

    11:00〜19:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

毛利悠子 ただし抵抗はあるものとする

毛利悠子(1980年神奈川県生まれ)は、展示空間全体を作品に変える<インスタレーション>という手法で創作活動を行ってきた。その作品はハタキやスプーン、空き缶など、私たちが日常生活で目にするものを使い、電気や磁力、空気の動

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る