群馬県

パリ世紀末ベルエポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展

公式サイト

ベル・エポックと呼ばれる19世紀末から20世紀はじめの華やかなパリでスターとして君臨した女優サラ・ベルナール(1844-1923)は、自身のイメージ戦略を打ち出すプロデューサーであり、興業を主催する事業家、絵画や彫刻の制作を行う多才なアーティストでもあった。本展ではサラ・ベルナールの様々な側面を、アルフォンス・ミュシャ作のアール・ヌーボー様式の流麗なポスター、衣装やルネ・ラリック作の装身具、記録写真、映像、肖像画など、約130点の作品や資料により紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.09.152018.11.11
  • 会場

  • 観覧料金

    一般820円、大高生410円

    ※中学生以下の方、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者の方1名
    ※群馬県民の日(10月28日)に観覧される方

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    群馬県立近代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
  • 休館日

    月曜日(休日の場合はその翌日)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る