北海道

歌川広重 二つの東海道五拾三次 江戸っ子たちの旅ログ!?

浮世絵師・歌川広重(1797【寛政9】〜1858【安政5】は、1833(天保4)年に《東海道五拾三次之内》(保永堂版東海道五拾三次)の刊行をはじめた。一説には、1832年の夏、江戸幕府が京都の朝廷に馬を献上する「八朔御馬進献」の行列を記録する命を受け、その行列にしたがった体験をもとに「保永堂版」を制作したと言われている。この時代、弥次郎兵衛と喜多八、二人の珍道中を描いた十返舎一九『東海道中膝栗毛』により、庶民の間で空前の旅ブームが起きていた。「保永堂版」の大ヒットにより、人気作家となった広重は、その後も東海道をモティーフにしたシリーズを手がけ、その種類は実に20以上に及ぶとされている。
「東海道五拾三次」では、各地の名所・名物のほか街並みや景色、人々の姿が生き生きと描き出されている。江戸っ子たちは、広重の作品を眺め、家に居ながらにして東海道の旅を楽しむことができたのだ。本展では、広重が最初に手がけた「保永堂版」と、その15年後に刊行された「丸清版」を同時に紹介する。また、各地の様子を写した写真もあわせて展示し、過去と現在の風景を見比べて見せる。この秋、函館に居ながら、江戸・京都間500kmの旅を体験してみよう。

開催概要

  • 会期

    2018.10.052018.11.25
  • 会場

  • 観覧料金

    一般920円、高大生610円、小中生300円

    ※障害者手帳をお持ちの方及び付添の方1名、児童・老人福祉施設入所の方及び付添の方1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    北海道立函館美術館
  • 休館日

    月曜日(10月8日と11月5日は開館)、10月9日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

描かれた女たち

日本では、明治以降、西洋美術との出会いによって絵画における人体表現が大きくかわる。科学的に対象をとらえることや、陰影法など立体感を表す描法を学んだこと、また、理想的身体像としてのヌードの表現をしり、さらには絵画とはなにか

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る