大阪府

太陽の塔

1970(昭和45)年に日本万国博覧会のテーマ館の一部として岡本太郎(1911-1996)が作り上げた「太陽の塔」が、今年3月ついに息を吹き返した。太郎が問いかけたものの根源とは? 塔が内包するものとは? その構想段階から完成、さらには再生事業までを網羅。関連作品や精巧な模型に加え、映像や音響など多彩なメディアを駆使し、岡本太郎の感性を大きなスケールで体感する展覧会。

開催概要

  • 会期

    2018.09.152018.11.04
  • 会場

    あべのハルカス美術館
    http://www.aham.jp/
    大阪市阿倍野区 阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階
  • 観覧料金

    前売一般1000円、大学・高校生600円、中学・小学生300円
    当日一般1200円、大学・高校せい800円、中学・小学生500円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    あべのハルカス美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団、NHK大阪放送局
  • 休館日

    9月18日(火)

  • 開館時間

    10:00〜20:00 ※入館は閉館の30分前まで ※月土日祝日は18:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る