東京都

日本・スウェーデン外交関係樹立150周年 インゲヤード・ローマン展

公式サイト

スウェーデンを代表するデザイナーであり、また陶芸家としても知られるインゲヤード・ローマン(1943年、ストックホルム生まれ)。機能性を重視した日常づかいのガラス食器や陶器は、色も形もきわめてシンプルですが、一貫して凛とした美しさと、一人の使い手としての真摯な視点が感じられる。
日本とスウェーデンの外交関係樹立150周年を記念して行う本展では、2016年にスウェーデン国立美術館で開催された展覧会をベースに、木村硝子店のためのシリーズ(2017年)などの最新作を加え、その幅広い活動を日本で初めて本格的に紹介する。 イケアのためのデザインから建築家との協働プロジェクトまで、作家自身が選んだ食器やインテリア用品などの代表作約180点を通して、自らを “form-giver”(形を与える者)と呼ぶ彼女の物づくりの魅力に迫る。

開催概要

  • 会期

    2018.09.142018.12.09
  • 会場

  • 観覧料金

    一般600円、大学生400円

    ※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料
    ※入館の際、学生証、運転免許証等の年齢の分かるもの、障害者手帳等提示
    ※11月3日(土・祝)文化の日は無料観覧日

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京国立近代美術館、スウェーデン国立美術館
  • 休館日

    月曜日(9月17日、24日、10月8日は開館)、9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

未来へのわが展望をみてほしい―植物とわたし

種苗業を営む旧家に生まれ、花畑に出かけてはスケッチをして少女時代を過ごした草間彌生。 草間にとって植物は、愛すべき対象であると同時に、幻覚による恐怖を与える存在であり、自己を投影する対象でもある。 初期から現在に至るまで

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る