東京都

江戸絵画の文雅―魅惑の18世紀

元禄時代に起こった未曽有の経済的躍進を経て、史上最大の繁栄を遂げた18世紀日本。人口100万を誇るメガロポリス・江戸を筆頭に、大坂・京都も大きく発展した。都市部では町人階級による爛熟した文化を背景に、浮世絵など新たな絵画が生み出された。その一方で、華やかな都市に生活しながら深山幽谷に遊ぶ文人画の巨匠たちが現れたのも、この時代であった。本展では、多様な表現を見せる18世紀の江戸絵画の数々を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.11.032018.12.16
  • 会場

    出光美術館
    http://idemitsu-museum.or.jp/
    千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F
  • 観覧料金

    一般1000円、高大生700円、中学生以下無料(保護者の同伴が必要)

    ※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    出光美術館、読売新聞社
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※金曜は19:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道(東京展)

19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーンでは、絵画や建築、デザインなど、それぞれの領域を超えて新しい芸術を求めた、ウィーン独自の装飾的で煌びやかな文化が開花しました。今日では「世紀末芸術」と呼ばれるこの時代に、画家グ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る