鹿児島県

特別企画展「明治維新150周年 日本洋画の夜明け―山岡コレクションを中心に」

幕末騒乱の後、明治維新を境に新しい時代が到来。時代が大きく揺れ動いた幕末から明治にかけ、国を挙げて西洋文明に追いつこうと積極的に西洋文化を取り入れ、日本人はこれまでの生活様式を大きく変えることとなった。
本展覧会では、幕末から維新、そして明治を生きた芸術家たちに焦点を当て、画家たちによって描かれた人物、風景、風俗などの作品や、時代に翻弄されながらもたくましく生き抜いた人たちの生き方を示す資料から、近代化への道を歩む当時の日本の姿を紹介する。
初期洋画の宝庫「山岡コレクション」を中心に、江戸末期、西洋からもたらされた油彩画習得のために試行錯誤を繰り返した高橋由一や鹿児島が輩出した床次正精、曽山幸彦などの日本近代洋画草創期の作品から、維新前後に生まれ、ヨーロッパで学んだ黒田清輝や藤島武二ら近代洋画の巨匠たちの作品までを一堂に展示する。さらに常設展の特集展示において、明治維新を興した西郷隆盛や大久保利通ら薩摩の志士の書画や当時の錦絵等の資料からも往年を振り返る。激動の時代を生きた彼らの作品と資料を通じて、150年前の時代の空気にふれることのできる絶好の機会である。

開催概要

  • 会期

    2018.09.282018.11.04
  • 会場

  • 観覧料金

    前売一般700円、高校・大学生500円、小・中学生300円、当日一般1000円、高校・大学生800円、小・中学生600円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    鹿児島市立美術館、南日本新聞社、KYT鹿児島読売テレビ
  • 休館日

    10月1日(月)、10月9日(火)、10月15日(月)、10月22日(月)

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

写真家 下薗詠子「脳内カオス」展

東京で活動していた下薗は、3.11(東日本大震災)をきっかけに、突如カメラを携え新しく住む場所を探す旅に出る。そして、鹿児島に拠点を移して間もな、,命の危機という衝撃的な体験により、「私たちは生きているんじゃない。生かさ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る