鹿児島県

写真家 下薗詠子「脳内カオス」展

公式サイト

東京で活動していた下薗は、3.11(東日本大震災)をきっかけに、突如カメラを携え新しく住む場所を探す旅に出る。そして、鹿児島に拠点を移して間もな、,命の危機という衝撃的な体験により、「私たちは生きているんじゃない。生かされているんだ。」と大きく価値観を逆転させ、多次元的視点の獲得とともに被写体の波動に合わせて作品や作風を自在に変化させる特異な写真家に変容した。
本展は,写真家下薗の集大成として、また、今後の生き様を見据える出発点として、2011年以降に制作された作品に多くの新作を加え、「あふるる」、「神之秘」、「SANOSA(人間劇場)」の3つのパートを展観する。濃密で刺激あふれる下薗ワールドを体感してほしい。

開催概要

  • 会期

    2018.09.112018.11.04
  • 会場

  • 観覧料金

    一般310円、高大生200円、小中生150円

    ※大学生・短大生・専門学生等は学生証をご呈示ください。
    ※身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳のご呈示のあった方と、その介護者1名は観覧料を免除します。
    ※鹿児島県内の70歳以上の方は野外常設展のみ観覧料を免除します。ただし、年齢や住所を確認できる書類の提示が必要です。(平成31年3月31日まで)
    ※鹿児島県内の小・中・高校生は、土・日・祝日に限り野外常設展の観覧料を免除します。ただし、年齢や住所を確認できる書類の提示が必要です。(平成31年3月31日まで)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    鹿児島県霧島アートの森
  • 休館日

    月曜日(休日の場合は翌日)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

江戸絵画の文雅―魅惑の18世紀

元禄時代に起こった未曽有の経済的躍進を経て、史上最大の繁栄を遂げた18世紀日本。人口100万を誇るメガロポリス・江戸を筆頭に、大坂・京都も大きく発展した。都市部では町人階級による爛熟した文化を背景に、浮世絵など新たな絵画

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る