熊本県

魔都の鼓動 上海現代アートシーンのダイナミズム

公式サイト

中国随一の経済都市・上海。近年、上海では地元政府の都市計画による後押しもあり、上海万博の跡地を中心にアート関係施設やイベントが続々と増加し、首都北京を上回る勢いで活発な文化芸術活動が行われている。大規模な国際展やアートフェアが開催されるほか、商業施設を含めた様々な日常空間の中でも実験的な展示や活動が日々行われるなど、街の至るところでアートシーンの活況が感じられる。
本展では、そのような現在の上海のアートシーンが成立するまでに歴史的に大きな役割を果たしてきた巨匠から新世代の若手まで、国内初紹介となる作家も含めた計13組を紹介する。図抜けたスケール感の立体作品から先端技術を駆使した新メディア作品まで、刺激に満ちた作品の数々を通して、目まぐるしく変化する隣国のシーンの熱気を体感いただければ幸いである。

開催概要

  • 会期

    2018.09.222018.11.25
  • 会場

    熊本市現代美術館
    https://www.camk.jp/
    熊本市中央区上通町2-3 びぷれす熊日会館3F
  • 観覧料金

    前売一般800円、シニア(65歳以上)600円、学生(高校生以上)400円
    当日一般1000円、シニア(65歳以上)800円、学生(高校生以上)500円、中学生以下無料

    ※20名以上の団体/各種障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳等、付き添いの方1名も適用)、電車・バス1日乗車券等、JAF会員証、緑のじゅうたんサポーター証をご提示の方は前売料金で入館可能
    ※10月12日(金)は開館記念日のため入場無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    熊本市現代美術館[熊本市、公益財団法人熊本市美術文化振興財団]、熊本日日新聞社、TKUテレビ熊本
  • 休館日

    火曜日

  • 開館時間

    10:00〜20:00 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

明和電機ナンセンスマシーン展 in 長崎

まったく役にたたない機械を作り続けて25年。世界で活躍する愉快な電気屋さん「明和電機」が開発した、およそ250点の不思議な機械が大集合する展覧会を、長崎県美術館で開催する。会期中は、ライブやワークショップ、自動演奏なども

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る