福岡県

浄土九州-九州の浄土教美術-

日本人の生き方に深い影響を及ぼした浄土信仰は、今から約1000年前の平安時代、末法思想の流行とともに盛んになった。その中心となった西方極楽浄土のほとけ、阿弥陀仏は苦しみの多いこの世を生きる人々の心の拠り所となり、様々なかたちにあらわされてきた。日本列島の西に位置する九州にも長い浄土信仰の歴史があり、他の地域とは異なる特色を持っている。本展覧会ではこうした九州の浄土信仰に注目し、その中で生み出された多彩な絵画や彫刻など約200点を展示する。燦然と輝く極楽浄土の情景や来迎の姿をあらわす阿弥陀像、信仰の力を象徴する名号などを通じて、来世に願いを託した先人たちの心に触れてほしい。

開催概要

  • 会期

    2018.09.152018.11.04
  • 会場

    福岡市博物館
    http://museum.city.fukuoka.jp/
    福岡市早良区百道浜3-1-1
  • 観覧料金

    一般1300円、高大生900円

    ※中学生以下無料
    ※20人以上の団体、満65歳以上(シルバー手帳等の年齢を証明できるものを提示)、外国の方(パスポート、在留カードなど国籍の証明できるものを提示)は団体料金
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳(以上の手帳を提示した人の介護者1人を含む)、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証を提示の場合は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    福岡市博物館、西日本新聞社、TVQ九州放送
  • 休館日

    月曜日(月曜日が祝休日の場合、翌平日休館)

  • 開館時間

    09:30〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

石川直樹 この星の光の地図を写す

世界をフィールドに活躍する写真家・石川直樹(1977- )は、22歳で北極から南極までを人力で踏破、23歳で七大陸最高峰の登頂に成功するなど、過酷な極地から都市の混沌に至るまで縦横に世界を歩き、写真を撮り続けてきた。近年

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る