福岡県

特別展 オークラコレクション 古今の美を収集した、大倉父子の夢

公式サイト

明治維新による激助の時代、日本の近代化に貢献し、美術文化の保護・発展に寄与した実業家がいた。大倉喜八郎(1837-1928)は、その最も重要な人物のひとりである。喜八郎は、さまぎまな近代事業を展開した大実業家で、廃仏毀釈による寺院の荒廃、仏教美術品の散逸や海外流出を憂い、みずから日本・東洋の古美術を収集し、大正6年(1917)、日本初の私立美術館、大倉集古館を設立した。喜八郎の長男で、ホテル・オークラの創業者としても有名な大倉喜七郎(1882-1963)は、その意志を継ぎ、近代日本画を中心に収集して世界へ紹介するなど、日本文化の海外発信に尽力した。
父子が精力的に収集したコレクションは、高い美術的価値と同時に、当時の社会情勢を反映した重要な歴史的意義を有しているのだ。
本展では、膨大な大倉コレクションを今日に伝え、満100歳を迎えた大倉集古館の所蔵品から、厳選の名品を一堂に公開する。そして、これらの名品を通し、大倉喜八郎が行った文化財保議の志、アジア諸国にわたる多様な収集、喜七郎による海外への日木文化発信といった歴史的意義を紹介する。
明治維新から150年目の節日に関催される本展は、近代の幕開け以後の日本と海外の交流の歴史をとらえる絶好の機会となるでだろう。
※本展出品の所蔵者は、すべて東京・大倉集古館

開催概要

  • 会期

    2018.10.022018.12.09
  • 会場

  • 観覧料金

    前売一般1300円、高大生8000円、小中生400円
    当日一般1500円、高大生1000円、小中生600円
    夜間割引一般1300円、高大生800円、小中生400円

    ※夜間開館当日17時以降に同館券売所で販売。夜間割引料金で購入されたチケットで17時以前に入場不可
    ※九州国立博物館4階「文化交流展(平常展)」も観覧可
    ※障害者手帳等をご持参の方とその介護者1名は無料(展示室入口にて障害者手帳等(*)提示)
    (*)身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証
    ※満65歳以上の方は前売一般料金で購入可(券売所にて生年月日がわかるもの(健康保険証・運転免許証等)を提示)
    ※小中生、高大生は学生証等提示

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    九州国立博物館・福岡県、西日本新聞社、TVQ九州放送
  • 休館日

    月曜日(10月8日(月・祝)開館、10月9日(火)休館)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※金曜日・土曜日は20:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

長谷川利行展

「リコウ」の愛称でも親しまれている長谷川利行(1891-1940、はせかわ としゆき)は、30歳頃に上京して画家を志すと、1936年に二科展で樗牛賞を受賞するなど、一気に画家としての才能を開花させた。しかし、生来の放浪癖

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る