福島県

写真家がとらえた昭和のこども

敗戦と復興、そして経済発展と、まさに激動の時代であった「昭和」(1926-1989)。写真家たちは、そんな社会の一コマをカメラに収め続け、中でも子どもを被写体とした作品では数多くの傑作を生み出した。本展は、土門拳、木村伊兵衛など日本写真史に大きな足跡を残した19人の写真家がとらえた子どもたちの姿を通して、昭和の歩みをたどる。

開催概要

  • 会期

    2018.09.152018.10.21
  • 会場

  • 観覧料金

    一般700円、高・高専・大生300円、小・中生200円

    ※いわき市在住の65歳以上の方無料
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方無料(なお、身体障害者手帳第1種、療育手帳A、精神障害者保健福祉手帳1級の方を介助される方は、1人に限り無料となります。介護のために同伴する旨を申し出てください。)
    ※市内の小・中・高・専修・高専生無料(ただし、土曜日と日曜日のみ)
    ※身分を証明する手帳等をご提示下さい

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    いわき市立美術館
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

没後160年記念 歌川広重

日本各地の風景を叙情豊かに描いた浮世絵師、歌川広重(1797~1858)。「東海道五拾三次之内」や「名所江戸百景」といった代表作は、日本のみならず海外でも広く知られている。今年2018年は、広重が亡くなってから160年に

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る