東京都

特別展「狩野芳崖と四天王―近代日本画、もうひとつの水脈―」

公式サイト

”近代日本画の父”狩野芳崖の4人の高弟〈岡倉秋水、岡不崩、高屋肖哲、本多天城〉。彼らは芳崖の晩年に師事し、芳崖の絶筆《悲母観音》の制作を間近で目撃している。その後入学した東京美術学校では「芳崖四天王」と称され、一目置かれる存在だった。
本展では、知られざる芳崖四天王の人と画業を紹介。また師・芳崖を中心に、狩野派の最後を飾る画家たちの作品や、四天王と同じ時代を生き、岡倉覚三(天心)と共に日本画の革新に挑んだ横山大観、下村観山、菱田春草らの作品が一堂に会し、芳崖の創った多様な近代日本画の水脈を辿る。
※会期中展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2018.09.152018.10.28
  • 会場

  • 観覧料金

    一般800円、学生600円

    ※中学生以下無料
    ※障がい者手帳ご呈示の方、および付添人1名様まで無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人泉屋博古館、読売新聞社、美術館連絡協議会
  • 休館日

    月曜日(9/17、9/24、10/8は開館、9/18(火)、9/25(火)、10/9(火)は休館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る