東京都

特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~

日本には、古来多くの魅力的な仏像が伝えられている。本展は、これらの仏像の作者である「仏師」の豊かな感性と独創性、そして高度な技術に光を当て、特に仏像の「顔」「装飾」「動きとポーズ」を切り口に、日本人の心と創造力を様々な角度から紹介する。
例えば、「顔」では慈悲、微笑み、威厳、怒りなど色々な表情を、「装飾」では仏身の輝き、彩色、装身具による華麗な荘厳(しょうごん)などを、「動きとポーズ」では体幹の支点や捻り、手足の上下による微妙な動きから、踏みしめたり、蹴り上げたり、舞踊に近い大ぶりな動作までを、じっくりと紹介する。
写真では分からない、まさに「仏師がアーティストになる瞬間」を、本展で体感してほしい。

開催概要

  • 会期

    2018.09.152018.11.25
  • 会場

    三井記念美術館
    http://www.mitsui-museum.jp/
    中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7F
  • 観覧料金

    一般1300円、大学・高校生800円、中学生以下無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    三井記念美術館、朝日新聞社
  • 休館日

    月曜日(9月17日、24日、10月8日は開館)、9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

倉本聰の仕事と点描画展

脚本・演出家 倉本聰は富良野を拠点に数多くのテレビや映画の名作を世に送り出してきた。なかでも「北の国から」は北海道の大自然の中でたくましく生きる親子の姿を描き、国民的な人気ドラマとなった。デビューから現在までの60年近い

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る