北海道

倉本聰の仕事と点描画展

公式サイト

脚本・演出家 倉本聰は富良野を拠点に数多くのテレビや映画の名作を世に送り出してきた。なかでも「北の国から」は北海道の大自然の中でたくましく生きる親子の姿を描き、国民的な人気ドラマとなった。デビューから現在までの60年近い足跡を、脚本原稿、スケッチ、舞台セットなどを通してたどる。また10数年にわたって描き続けている富良野の森などの点描画も紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.09.072018.11.07
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円、高大生500円、小中生200円

    ※釧路・根室管内在住の高校生以下は観覧無料
    ※障がい者手帳等を提示の方は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    北海道立釧路芸術館、釧路市、釧路市教育委員会、北海道新聞釧路支社、倉本聰展実行委員会
  • 休館日

    月曜日(9/17、24、10/8、11/5は開館)、9/18、9/25、10/9

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

鴻池朋子 ハンターギャザラー

日本の現代アートを牽引するアーティスト、鴻池朋子の秋田県内初の大規模個展。人間のものづくりの原型である『狩猟採集』をテーマとし、害獣駆逐された熊の毛皮、縄文土器、奥羽山脈などを新たなスケールで視覚化し、エネルギーの問い直

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る