神奈川県

「アルヴァ・アアルト――もうひとつの自然」展(神奈川展)

今年で生誕120年となる建築家アルヴァ・アアルト(1898-1976)は、モダニズムに自然の要素を取り入れ、人々の暮らしをより良くする建築や家具デザインなどを追求した。彼のパイミオのサナトリウム(1933)やマイレア邸(1939)は建築における有機的な形態と素材の優れた相互作用を体現し、《アームチェア 41パイミオ》(1932)や《スツール 60》(1933)は近代家具の進化に画期的な役割を果たした。そして、ガラス器《サヴォイ・ベース》(1936)は、フィンランド・デザインのシンボルになっている。アアルトの有機的な形態は、フィンランドの自然や風景から生まれたという従来の見方に加えて、本展では同時代の芸術家たちとの対話も重要であったという新しい視点を提示する。ヴィトラ・デザイン・ミュージアムとアルヴァ・アアルト美術館が企画した本展は、2014年9月にドイツのヴァイル・アム・ラインにあるヴィトラ・デザイン・ミュージアムで始まり、スペインのバルセロナ、マドリード、デンマークのオールボー、フィンランドのヘルシンキ、フランスのパリで開催されてきた国際巡回展。日本では約20年ぶりとなる本格的なアアルトの回顧展であり、オリジナルの図面や家具、照明器具、ガラス器、建築模型などで、フィンランドでもっとも著名なこの建築家の生涯と作品を辿る。

開催概要

  • 会期

    2018.09.152018.11.25
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1200円、20歳未満・学生1050円、65歳以上600円、高校生100円

    ※「アルヴァ・アアルト――もうひとつの自然」展をご覧の方は、同展の観覧券で同日に限りコレクション展「描かれた「建物」」も観覧可
    ※中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(および介助者原則1名)は無料
    ※無料開館日:11月3日(土・祝)「文化の日」は、開催中の展覧会無料
    ※ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜日:10月7日、11月4日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は割引料金(65歳以上の方を除く)で観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    神奈川県立近代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
  • 休館日

    月曜日(9月17日、9月24日、10月8日は開館)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

集英社デビュー50周年記念 一条ゆかり 展  ~ドラマチック!ゴージャス!ハードボイルド!~

ドラマチックなストーリーと華やかな画風で人気を獲得し続ける少女漫画のクイーン・一条ゆかり。1968年『りぼん』3月号でデビューし、不良性と強い野心を持った異色の主人公像は、少女漫画の定説を打ち破った。読者から絶大な人気を

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る