長野県

いわさきちひろ生誕100年「Life展」 みんないきてる 谷川俊太郎

詩人の谷川俊太郎は、十六歳のときから詩を書き始め、対象の本質をするどく作品に取り入れるその力には圧倒的なものがある。今までに書かれた膨大な数の詩には森羅万象が含まれ、無限の広がりが感じられる。
一方で、いわさきちひろの絵には子どもや草花、小鳥など、身近にある小さないのちの愛しさ、尊さがうたわれている。
異なる個性をもつ谷川の詩とちひろの絵とを組み合わせ、あらゆるものに息づくいのち、たえず変化していく宇宙に耳をかたむける。

開催概要

直前の記事

大観生誕150年記念 横山大観 VS 日本画の巨匠たち

近代の美術界において、長くその中心として活躍した横山大観は、明治元年(1868)に水戸に生まれた。本年は大観の生誕150年という節目の年。これを記念して、大観と日本画の巨匠たちが“対決”する特別展を開催する。 生涯に数千

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る