石川県

東アジア文化都市2018金沢 変容する家

我々の生きる現代では「家」は一つの社会システムとして構造化されている。建築的・物理的な 「家」は一般化しやすいが、表面化しない感情 、慣習や文化全般に融解している「家 」は 、多角的に考察されなければ、その意味を捉えることは困難だ。とりわけ、グローバル化によって移動が常態化した今日において、人々の「家」はどこにでも、いくつもあるのか、 あるいはどこにもないのか。この問いを起点に、金沢の街なかに存在する使われていない日常空間を探し出し、日本、中国、 韓国の現代美術作家が「家」をテーマに作品を発表する。
※会場は金沢市内(広坂エリア、石引エリア、寺町・野町・泉エリア)

開催概要

  • 会期

    2018.09.152018.11.04
  • 会場

  • 観覧料金

    無料

  • 主催

    東アジア文化都市2018金沢実行委員会 / 金沢市
  • 休館日

    毎週月曜日(9月17日、24日、10月8日は開場)、9月18日、9月25日、10月9日

    ※会場により異なる場合があります

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※会場は金沢市内(広坂エリア、石引エリア、寺町・野町・泉エリア)
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

チウ・ジージエ 書くことに生きる

チウ・ジージエは、幼少から学んだ「書」を表現の中心に置き、書くことを通じて、普遍的で根源的な人間の存在について問い直してきた。生誕の地である福建省は、かつて海上貿易が盛んだったこともあり、交易や移住による交流が豊かな地域

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る