東京都

フェルメール展(東京展)

公式サイト

オランダ絵画黄金時代の巨匠、ヨハネス・フェルメール(1632-1675)。国内外で不動の人気を誇り、現存する作品はわずか35点とも言われ、寡作でも知られる。今回は、そのうち9点までが東京に集結する、日本美術展史上最大の「フェルメール展」。
欧米の主要美術館から特別に貸し出される、日本初公開作を含む傑作の数々が、上野の森美術館の【フェルメール・ルーム】に一堂に会する。
フェルメールのほか、ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンらの絵画と合わせた約50点を通して、17世紀オランダ絵画の広がりと独創性を紹介する。

会期中、一部作品の展示替えあり。

日時指定入場制。詳細は公式サイトへ。

開催概要

  • 会期

    2018.10.052019.02.03
  • 会場

  • 観覧料金

    前売日時指定券一般2500円、大学・高校生1800円、中学・小学生1000円、図録付前売日時指定券5000円

    ※日時指定入場制
    ※未就学児は無料
    ※前売日時指定券料金は、来場日前日の23:59までの受付完了分が適用
    ※各時間枠の前売日時指定券は、予定枚数に達し次第販売終了

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    産経新聞社、フジテレビジョン、博報堂DYメディアパートナーズ、上野の森美術館
  • 休館日

    12月13日(休館日が追加となる場合があります)

  • 開館時間

    09:30〜20:30 ※入館は閉館の30分前まで ※開館・閉館時間が異なる日があります
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

チウ・ジージエ 書くことに生きる

チウ・ジージエは、幼少から学んだ「書」を表現の中心に置き、書くことを通じて、普遍的で根源的な人間の存在について問い直してきた。生誕の地である福建省は、かつて海上貿易が盛んだったこともあり、交易や移住による交流が豊かな地域

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る