東京都

企画展「東京150年」

1868年(慶応4)7月17日、江戸を東京と改める詔書が発せられ、東京府が設置された。この時誕生した「東京」は、今年で150年の節目を迎える。維新の混乱の中からスタートした東京の街は、震災や戦災などによって幾度となく傷つきながらも、そこに暮らす多くの人々の尽力によって復興を遂げ、首都として発展を続けた。
本展では、東京という都市がどのような姿で始まり、そして150年の間にどのように変化をしていったのかを、写真や映像、そしてそれぞれの時代に製作された地図などから展観する。また、首都としてのふさわしい姿と機能を求め、幾度も立案されながら完全な実施にはいたらなかった過去の都市計画にも着目し、そこに描かれた「幻の」東京についても紹介していく。

開催概要

  • 会期

    2018.08.072018.10.08
  • 会場

  • 観覧料金

    一般600円、大学生・専門学校生480円、中学生(都外)・高校生・65歳以上300円、中学生(都内)・小学生以下無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京都、江戸東京博物館
  • 休館日

    8月20日(月)・27日(月)、9月3日(月)・25日(火)

  • 開館時間

    09:30〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで ※土曜日は19:30まで ※8月10日・17・24・31日(各金曜日)はサマーナイトミュージアムのため21:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る