東京都

東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展 「マルセル・デュシャンと日本美術」

公式サイト

マルセル・デュシャン(1887 – 1968)は、伝統的な西洋芸術の価値観を大きく揺るがし、20世紀の美術に衝撃的な影響を与えた作家。本展は2部で構成され、第1部「デュシャン 人と作品」(原題The Essential Duchamp)展は、フィラデルフィア美術館が有する世界に冠たるデュシャン・コレクションより、油彩画、レディメイド、関連資料および写真を含む計150余点によって、彼の創作活動の足跡を紹介する。デュシャンの革新的な思想に触れることで、知的刺激に満ちることだろう。
第2部「デュシャンの向こうに日本がみえる。」展は、もともと西洋とは異なった社会環境のなかで作られた日本の美術の意味や、価値観を浮かび上がらせることによって、日本の美の楽しみ方を新たに提案しようとするもの。デュシャンの作品とともに日本美術を比べて見ることができる、世界ではじめての試み。
※会期中展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2018.10.022018.12.09
  • 会場

    東京国立博物館
    http://www.tnm.jp/
    台東区上野公園13-9
  • 観覧料金

    前売一般1000円、大学生700円、高校生500円
    当日一般1200円、大学生900円、高校生700円
    特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」との2展セット観覧料金、前売一般1800円、当日一般2000円

    ※中学生以下無料
    ※障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
    ※「東京・ミュージアムぐるっとパス」で、当日券一般1200円を1100円(100円割引)でお求めいただけます(正門チケット売場(窓口)にて)
    ※東京国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生の方は、当日券を700円(200円割引)でお求めいただけます(正門チケット売場(窓口)にて)
    ※本展観覧券で、会期中観覧日当日1回に限り、総合文化展(平常展)も観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京国立博物館、フィラデルフィア美術館
  • 休館日

    月曜日(10月8日(月・祝)は開館)、10月9日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※金曜・土曜、10月31日、11月1日は21:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

ルーベンス展―バロックの誕生

17世紀ヨーロッパを代表する画家、ペーテル・パウル・ルーベンス。後に「王の画家にして画家の王」とも呼ばれたルーベンスを、イタリアとのかかわりに焦点を当てて紹介する展覧会。 フランドルのアントウェルペン(現在のベルギー)で

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る