東京都

京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-(東京展)

公式サイト

京都の山科にある醍醐寺は、貞観16年(874)に理源大師聖宝(832~909)によって開かれて以来、真言宗醍醐派の総本山として、常に歴史の表舞台で重要な役割を果たしてきた名刹である。真言密教のうちでも加持祈禱や修法など実践を重視する寺として発展したことで、その本尊となる彫刻や絵画、修法で用いる仏具など、開創期からの本格的な密教美術の数々が伝わる。また、修法の次第や方法、本尊の図像についての記録、各時代の為政者からの帰依を表す文書などは7万点近くに及ぶもので、国宝「醍醐寺文書聖教」として醍醐寺の繁栄の歴史を伝えている。
本展は国宝・重要文化財に指定された仏像や仏画を中心に、濃密な密教美術の世界が体感できるとともに、普段は公開されない貴重な史料・書跡を通じて、平安時代から近世にいたる醍醐寺の変遷をたどるもの。なかでも、中尊が2メートル近くの像容を誇る国宝《薬師如来坐像および両脇侍像》や優麗な重要文化財《如意輪観音坐像》、迫力の重要文化財《五大明王像》は醍醐寺の信仰を象徴するとともに、平安彫刻の白眉に数えられるもので必見。また、桃山時代に豊臣秀吉が行った有名な「醍醐の花見」に関する品々や、三宝院の襖絵、俵屋宗達による絵画など、醍醐寺をめぐる華やかな近世美術も紹介する。
2016年、中国の上海博物館(上海)と陝西歴史博物館(西安)で初の醍醐寺展が開催され、広く好評を博した。本展は中国での展覧会開催を記念するもので、開創以来千百年余にわたって醍醐寺に護り伝えられてきた品々をその歴史を追想しながら鑑賞することができる貴重な機会となっている。

開催概要

  • 会期

    2018.09.192018.11.11
  • 会場

    サントリー美術館
    http://www.suntory.com/sma/
    港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
  • 観覧料金

    前売一般1300円、大学・高校生800円
    当日一般1500円、大学・高校生1000円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    サントリー美術館、総本山醍醐寺、日本経済新聞新聞社、テレビ東京、BSジャパン
  • 休館日

    火曜日(11月6日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで ※金・土および9月23日(日・祝)、10月7日(日)は20:00まで 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

特別展「戊辰戦争150年」

今から150年前、仙台藩は奥羽越列藩同盟を主導して新政府軍と戦い、降伏して明治の世を迎えた。 本展では、幕府崩壊の契機となった開国から、鳥羽・伏見の戦いを経て、会津藩救済のため奥羽越の諸藩が結成した列藩同盟とその戦い、更

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る