東京都

民家の画家 向井潤吉 人物交流記

1945年以降、約40年間にわたって草屋根の民家を描き続けたことで知られる向井潤吉は、1901年に京都に生まれ、1933年からは世田谷区弦巻にアトリエを構え、制作を重ねた作家。本展は向井の画業を主軸としつつ、彼が感慨をこめて綴ったさまざまなエッセイを手がかりとして構成される。そして、その文中に登場する向井が交流をもったさまざまな人々の作品や諸資料もあわせて紹介し、向井潤吉の画家としての足跡を辿ろうとするものである。

開催概要

  • 会期

    2018.09.082018.11.04
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円、65歳以上800円、大高生800円、中小生500円

    ※団体は20名以上
    ※障害者の方は500円(団体の場合300円)、大高中小生の障害者の方は無料、介助者(当該障害者1名につき1名)は無料
    ※リピーター割引:会期中、本展有料チケットの半券をご提示いただくと、2回目以降は団体料金にてご覧いただけます(他の割引との併用はできません)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    世田谷美術館
  • 休館日

    月曜日(9月17日(月・祝)、9月24日(月・振替休日)、10月8日(月・祝)は開館)、9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

横山華山

横山華山(1781/4~1837)は、江戸時代後期の京都で活躍した人気絵師。彼は曾我蕭白に傾倒し、岸駒に入門した後、呉春に私淑して絵の幅を広げ、多くの流派の画法を身につけた。そして、諸画派に属さず、画壇の潮流に左右されな

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る