広島県

開館30周年記念 岸田劉生展 -実在の神秘、その謎を追う-

岸田劉生(1891-1929)は、日本近代美術史上、最も個性的な画家のひとり。38年という短い生涯の中で、日本の近代美術にとって根本的な課題であった、西洋の新しい表現と日本の伝統美術との相克に果敢に立ち向かった。
劉生は、1891(明治24)年、明治の傑物である岸田吟香の子として文明開化が進む銀座に生まれる。17歳で画家になることを決意し、白馬会葵橋洋画研究所へ入門、その2年後には文展に入選するなど、早くからその才能の片鱗を見せた。はじめ外光派風の作品を制作していた劉生だが、1911(明治44)年、海外の最新の芸術を紹介していた雑誌『白樺』と出会い、その作風は一変する。ゴッホやセザンヌなどの西洋近代絵画の影響を強く受けた作品を制作した。しかしながら、数年後には「近代的な道」から離れ、デュラーやファン・エイクの影響を通り抜け、対象の実在感を細密に描写し、「内なる美」を描き出そうとする独自の写実表現を追求する。さらに、1919(大正8)年の奈良と京都への旅行をきっかけとして東洋美術に開眼し、中国の宋元画や近世初期風俗画などを収集しながら、自身の作品にも「写実以上」の「深い美」や「卑近美」という独特な表現を、日本画や油彩画で求めるようになった。
本展では、ポスト印象派の影響を受けた《B. L.の肖像(バーナード・リーチ像)》、「実在の神秘」を表現した《壺の上に林檎が載って在る》、東洋美術のミステリアスな表現を追求した《二人麗子図(童女飾髪図)》など、各時代の代表作94点を6章に分け、この大正期の異才の全貌を探る。
※会期中一部展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2018.09.152018.11.04
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円、高校生以下無料

    ※高校生以下の方は無料
    ※社会福祉施設に入所されている方は無料
    ※福山市・府中市・神石高原町に住所を有する65歳以上の方は無料
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳等を所持する方及びその介護者1名は無料
    ※キャンパスメンバーズ会員校の学生及び教職員は無料
    ※福山市立大学、福山大学、福山平成大学、専門学校福山歯科衛生士学校、福山福祉専門学校、福山YMCA国際ビジネス専門学校、穴吹(情報デザイン・医療福祉・動物・ビューティ)専門学校、福山市医師会看護専門学校は無料
    ※井原市立田中美術館友の会、奥田元宋・小由女美術館友の会、尾道市立美術館友の会、しぶや美術館友の会、華鴒大塚美術館友の会、メープルクラブ・メープルサロン会員(ひろしま美術館)、筆の里工房Pal会員、ちゅーピークラブ(中国新聞社が主催時の特別展のみ)、さん太クラブ(山陽新聞社が主催時の特別展のみ)は割引適用。会員証を受付に提示してください。

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    (公財)ふくやま芸術文化振興財団 ふくやま美術館、福山市、中国新聞備後本社、山陽新聞社
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※10/5(金)、6(土)、26(金)、27(土)は19:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る