埼玉県

埼玉ゆかりの芸術家展 ~熱き心と魂の行方~

開館から19年目を迎えるサトエ記念21世紀美術館では『埼玉ゆかりの芸術家展 ~熱き心と魂の行方~』を開催する。芸術家たちが情熱と執念を注ぎ込んだ作品は、逝去した後も半永久的に遺され、作品へ込めた想いや感性は鑑賞者に伝えられていく。本展では埼玉が育んだ画家たちの作品を同館コレクションを中心に一堂に集め展示、芸術家の魂を感じ往時を想う機会となるだろう。

開催概要

  • 会期

    2019.04.132019.09.01
  • 会場

  • 観覧料金

    一般900円、大学生・高校生700円、小中学生600円、障害のある方500円、未就学児無料

    ※団体割引(20名様以上)および加須市民の方は上記より100円引き

    ※各種割引併用不可
    ※加須市民児童・生徒が学校行事として入館する場合は無料(要事前申請)
    ※施設使用する場合は入館料の割引あり

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    サトエ記念21世紀美術館
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日、7月15日、8月12日は開館)、5月7日、7月16日、8月13日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

パリのセーヌ川岸に建つオランジュリー美術館は、チュイルリー公園のオレンジ温室を改装した可愛らしい美術館。 画商ポール・ギョームらが収集した同館所蔵の印象派とエコール・ド・パリの作品群は、ヨーロッパ最高の絵画コレクションの

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る