北海道

札幌美術展 五十嵐威暢の世界

日本を代表するデザイナーの一人である五十嵐威暢。グラフィックデザイナーとして活動していた1970年代半ば、建築設計用製図台を用いて二次元の文字を三次元におこした立体文字による作品で世界的に注目される。また、サントリーや明治乳業、カルピス、サミットストアなどのロゴを手がけ、多くのロングライフデザインを生み出してきた。
1994年、五十嵐はデザイナーから彫刻家に転身する。「デザイナー時代に置き忘れてきた半分を埋める仕事」と語る彫刻家・五十嵐による作品は、『偶然性と即興性』を大切にしながら制作されている。肥沃な大地を思わせるテラコッタのレリーフ、木の葉や花のかたちに合板を切り抜いた「こもれび」など、五十嵐による彫刻作品は、どこか自然の気配を残しながら、子どもの遊びのようにひたむきに素材と向き合い、創り出されている。
本展では、デザイナーとしての原点である1973年の個展から彫刻家としての現在までの仕事の変貌を示すポスター、プロダクト、彫刻、約150点が一堂に会する。
「アートは日常の暮らしと風景によりそうことによって、人々の心をさらに豊かなものにする」と考え制作を続けてきた五十嵐威暢による、デザインとアートが融合する無二の世界を楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2018.10.062018.11.25
  • 会場

    札幌芸術の森美術館
    https://artpark.or.jp/
    札幌市南区芸術の森2-75
  • 観覧料金

    一般1000円、高・大学生700円、小・中学生400円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    札幌芸術の森美術館(公益財団法人札幌市芸術文化財団)、北海道新聞社
  • 休館日

    11月3日以降の月曜日

  • 開館時間

    09:45〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る