北海道

神田日勝と道東の画家たち&岡沼淳一・木彫の世界

神田日勝と道東地方にゆかりの作家たちの作品を、神田日勝記念美術館(鹿追町)の所蔵品などより紹介。あわせて、音更町を拠点に活躍している木彫作家・岡沼淳一の秀作を展覧する。

開催概要

  • 会期

    2018.09.152018.12.02
  • 会場

  • 観覧料金

    一般700円、高大生400円
    ※中学生以下及び65歳以上の方は無料
    ※身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方とその引率者、児童福祉施設、老人福祉施設に入所されている方とその引率者、生活保護を受けている方は、すべての展覧会が無料となります。受付にてご確認させていただきますので、手帳等のご提示をお願いいたします。
    ※土曜日、こどもの日、文化の日の高校生(高専、専修、各種学校生徒で高校3年生相当以下の方を含む。)は無料となります。
    ※学校教育活動で利用する小・中・高校生とその引率者は、すべての展覧会が無料となります。
    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    北海道立帯広美術館
  • 休館日

    月曜日(月曜日が祝日・休日に重なった場合は開館し、翌平日が休館)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

三岸好太郎を追いかけて

以来、これまでの50年間に蓄積された調査研究のさまざまなテーマを手がかりに、三岸作品と関連資料を展示。札幌ゆかりの画家・三岸の画業について多角的に紹介する。最晩年、三岸が一気に7点描いて第4回独立展に出品した”蝶と貝”の

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る