北海道

三岸好太郎を追いかけて

以来、これまでの50年間に蓄積された調査研究のさまざまなテーマを手がかりに、三岸作品と関連資料を展示。札幌ゆかりの画家・三岸の画業について多角的に紹介する。最晩年、三岸が一気に7点描いて第4回独立展に出品した”蝶と貝”の代表作から同館コレクションの《のんびり貝》《飛ぶ蝶》のほか、《旅愁》《海洋を渡る蝶》(国際興業株式会社蔵)も特別公開される。

開催概要

直前の記事

横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館 ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

パリのセーヌ川岸に建つオランジュリー美術館は、チュイルリー公園のオレンジ温室を改装した可愛らしい美術館。 画商ポール・ギョームらが収集した同館所蔵の印象派とエコール・ド・パリの作品群は、ヨーロッパ最高の絵画コレクションの

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る