神奈川県

横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館 ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

オーギュスト・ルノワール 《ピアノを弾く少女たち》 1892 年頃、油彩・カンヴァス、116×81cm ©RMN-Grand Palais (musée de l'Orangerie) / Franck Raux

パリのセーヌ川岸に建つオランジュリー美術館は、チュイルリー公園のオレンジ温室を改装した可愛らしい美術館。
画商ポール・ギョームらが収集した同館所蔵の印象派とエコール・ド・パリの作品群は、ヨーロッパ最高の絵画コレクションのひとつに数えられています。
横浜美術館開館30周年を記念した本展では、同コレクションから、ルノワール、セザンヌ、マティス、ピカソ、モディリアーニなど、パリを愛し芸術に魂を捧げた画家たちの名作約70点を紹介します。ルノワールの傑作《ピアノを弾く少女たち》をはじめ、同館のコレクションがまとめて日本で紹介されるのは21年ぶりとなります。芸術の都パリの“エスプリ”を横浜でご堪能ください。

開催概要

  • 会期

    2019.09.212020.01.13
  • 会場

    横浜美術館
    http://yokohama.art.museum/
    横浜市西区みなとみらい3-4-1
  • 主催

    横浜美術館、読売新聞社、オランジュリー美術館
  • 休館日

    木曜日、12月28日~1月2日

    ※12月26日は開館

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • カレンダーへ登録

直前の記事

夏休み特別企画「浜口陽三と南桂子展」

本展は、国際的に評価の高い銅版画家である浜口陽三(1909-2000年)と南桂子(1911-2004年)の画業と作品の魅力を紹介する二人展。「カラーメゾチント」という新たな技法を生み出し、幻想的な暗闇の空間をつくりあげた

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る