奈良県

第70回 正倉院展

秋の奈良の風物詩ともいわれる正倉院展は、今年70回の節目を迎える。今年は北倉10件、中倉16件、南倉27件、聖語蔵3件の、合わせて56件の宝物が出陳され、そのうちの10件は初出陳を含む。 今年は聖武天皇ゆかりの平螺鈿背八角鏡をはじめ、沈香木画箱、玳瑁螺鈿八角箱、犀角如意など、珍貴な素材を惜しげもなく使い、技術の粋を尽くした華麗な工芸品が目を楽しませてくれる。
一方、今も身近な素材である麻は、古来様々な用途に用いられ、麻布は税として地方から都に納められた。今年は平成25年度から27年度にかけ、宮内庁正倉院事務所によって行われた特別調査を踏まえ、麻を用いた様々な宝物が出陳される。この他、正倉院宝物と同時代に、朝鮮半島に栄えた王国・新羅に関わる宝物も多数出陳される。唐との交流だけではない、奈良時代の多様な国際関係に、目を向けていただく機会となるだろう。

開催概要

  • 会期

    2018.10.272018.11.12
  • 会場

  • 観覧料金

    【当日】一般=1,100円、高校生・大学生=700円、小中学生=400円
    【前売・団体】一般=1,000円、高校生・大学生=600円、小中学生=300円、親子ペア(前売)=1,100円
    【オータムレイト】一般=800円、高校生・大学生=500円、小中学生=200円

    ※団体は責任者が引率する20名以上に適用
    ※親子ペア観覧券は、一般1名と小・中学生1名がセットになった割引観覧券
    ※オータムレイトチケットは、月曜日~木曜日の16:30以降、金曜日・土曜日・日曜日・祝日の18:30以降に使用できる当日券(同館当日券売場でのみ、月曜日~木曜日は15:30より、金曜日・土曜日・日曜日・祝日は17:30より販売)
    ※障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    奈良国立博物館
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで ※10月27日・28日、11月2日・3日・4日・9日・10日・11日は20:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る