高知県

香美アートアニュアルvol.6 ものづくりの世界

香美市立美術館独自の企画として続けている「香美アートアニュアル」展は、今回で6回目。
今回は「ものづくりの世界」として、ひょうたんランプの公文靖、えかき・ねんど作家のとおちかあきこ、染色家のにしみねくみ、造形家の平地正利、バードカービング作家の堀田幸生、根付・珊瑚作家の森謙次、チェーンソーアーティストの山本祐市、以上7名による展示になっている。30代から70代までの幅広い年齢の作家たちによる作品は、ものを作る楽しさがいっぱいで見る人をワクワクさせるような魅力にあふれている。
高知には様々なものづくりの作家がいて、幅広い表現がみられるが、特に3次元の立体的なものづくりの面白さを目にする機会は限られているのではないだろうか。たしかに文化の一翼を担っているこれらの作家の力作を一同に集め、紹介することで、これらのものづくりの世界がさらに充実したものになってほしい。

開催概要

  • 会期

    2018.08.082018.09.02
  • 会場

  • 観覧料金

    一般310円、20名以上の団体料金150円、長寿手帳提示150円
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをご提示いただいた場合、手帳所持者とその介助者1名まで無料
    ※高校生以下無料
    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    香美市立美術館
  • 休館日

    月曜日(月曜日が祝日の場合、翌日は休館)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る