山口県

メディアアートの輪廻転生

公式サイト

山口情報芸術センター[YCAM]が開館して15年。これまで数々の国内外のアーティストとともに、メディアテクノロジーを駆使した作品を制作・発表してきた。
メディアアートはコンピュータや映像・音響機材などを使用していることが多く、故障や技術環境の変化によって動かせなくなるなど、作品を未来に残す上で多くの困難を抱えている。現在、世界中の美術館や研究機関でさまざまな保存修復の取り組みがなされているが、今回、つくり手であるアーティストたちの声に焦点を当てる。これまでYCAMの事業に関わったことのある100名を超えるアーティストに実施したアンケートを元に、従来の作品保存とは異なる視点で、作品の「死」について考え、さらに「転生」させて未来に伝える可能性を模索する。
本展では、ニューヨークを拠点に活躍するアートユニット「エキソニモ」を共同キュレーターとして迎え、巨大な「メディアアートの墓」をつくり、その中に複数のアーティストたちが「死」を迎えた作品を展示。展覧会を通して、作品の寿命や未来について思いを馳せ、芸術表現をはじめとする「文化」を創造的に継承する新たなかたちを考える機会を創出する。

開催概要

直前の記事

目からうろこのミュージアム!

香川県立ミュージアムは、美術館と歴史博物館の機能を合わせ持つ総合的なミュージアムとして開館して今年で10年を迎え、収蔵する美術作品、歴史・民俗資料の数は、今では30万点にのぼる。 今回、開館10周年を記念し、ミュージアム

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る