山口県

メディアアートの輪廻転生

公式サイト

山口情報芸術センター[YCAM]が開館して15年。これまで数々の国内外のアーティストとともに、メディアテクノロジーを駆使した作品を制作・発表してきた。
メディアアートはコンピュータや映像・音響機材などを使用していることが多く、故障や技術環境の変化によって動かせなくなるなど、作品を未来に残す上で多くの困難を抱えている。現在、世界中の美術館や研究機関でさまざまな保存修復の取り組みがなされているが、今回、つくり手であるアーティストたちの声に焦点を当てる。これまでYCAMの事業に関わったことのある100名を超えるアーティストに実施したアンケートを元に、従来の作品保存とは異なる視点で、作品の「死」について考え、さらに「転生」させて未来に伝える可能性を模索する。
本展では、ニューヨークを拠点に活躍するアートユニット「エキソニモ」を共同キュレーターとして迎え、巨大な「メディアアートの墓」をつくり、その中に複数のアーティストたちが「死」を迎えた作品を展示。展覧会を通して、作品の寿命や未来について思いを馳せ、芸術表現をはじめとする「文化」を創造的に継承する新たなかたちを考える機会を創出する。

開催概要

直前の記事

巨匠が愛した美の世界 川端康成と東山魁夷

日本人初のノーベル文学賞受賞作家・川端康成(1899~1972)は、優れた美術品コレクターとしても知られる。そのコレクションは、国宝に指定される浦上極堂《凍雲篩雪図》と池大雅・与謝蕪村《十便十宜図》をはじめ、古美術から古

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る