京都府

谷崎潤一郎文学の着物を見る

文豪・谷崎潤一郎(1886-1965)は、女性とそのよそおいを濃密に表現した。没後半世紀を経て、着物と馴染みがうすくなりつつある現代においては、作中の描写からその様子を思い描くことは難しくなってきている。谷崎自身が想定していた着物とはどのようなものだったのだろうか。代表作「細雪」の見どころのひとつは、女性たちの華やかな着物姿にある。本展では、さまざまな資料をもとに、登場人物の着こなしをあらためて検証。他にも、「痴人の愛」、「春琴抄」、「台所太平記」など、多様な作品に表された、魅力あふれるヒロインたちのよそおいの数々を、谷崎の文章や挿絵、時代風俗なども手がかりに、アンティーク着物で再現する。
また、谷崎は、美術館本館「大山崎山荘」を建てた実業家・加賀正太郎(1888-1954)と交流があった。大正から昭和にかけて建てられた山荘は、まさに谷崎が生き、谷崎によって描かれた多くの物語と同時代の建築。かつての雰囲気を色濃くのこす同館で、谷崎文学の世界を堪能できる。

開催概要

  • 会期

    2018.09.152018.12.02
  • 会場

  • 観覧料金

    一般900円(団体800円)、高・大学生500円(団体400円)、中学生以下無料、障害者手帳をお持ちの方300円

    ※着物で来館の方は、入館料から100円割引
    ※他の割引との併用はできません

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    アサヒビール大山崎山荘美術館
  • 休館日

    月曜日(9月17日(月)、24日(月)、10月8日(月)、11月19日(月)、26日(月)は開館)、9月18日(火)、25日(火)、10月9日(火)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

カタストロフと美術のちから展

東日本大震災やアメリカ同時多発テロ、リーマン・ショックなど世界各地で絶えず発生するカタストロフ。多くのアーティストがこのような悲劇的な災禍を主題に、惨事を世に知らしめ、後世に語り継ごうと作品を制作している。その私的な視点

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る