東京都

特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」

公式サイト

東寺は、平安京遷都に伴って、王城鎮護の官寺として西寺とともに建立された。唐で新しい仏教である密教を学んで帰国した弘法大師空海は、823年に嵯峨天皇より東寺を賜り、真言密教の根本道場とした。2023年には、真言宗が立教開宗されて1200年の節目を迎える。
空海のもたらした密教の造形物は、美術品としても極めて高い質を誇り、その多彩さや豊かさはわが国の仏教美術の中で群を抜いている。
本展は、空海にまつわる数々の名宝をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介し、日本文化の精髄を紹介するもの。空海が作り上げた曼荼羅の世界を体感できる講堂安置の21体の立体曼荼羅のうち、史上最多となる国宝11体、重文4体、合計15体が出品されるほか、彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰が一堂に会する。東寺が1200年にわたり、空海の教えとともに守り伝えてきた至宝を堪能できる展覧会。

開催概要

  • 会期

    2019.03.262019.06.02
  • 会場

    東京国立博物館
    http://www.tnm.jp/
    台東区上野公園13-9
  • 観覧料金

    当日券=一般1,600円、大学生1,200円、高校生900円
    前売券=一般1,400円、大学生1,000円、高校生700円
    団体券=一般1,300円、大学生900円、高校生00円

    ※中学生以下無料
    ※団体は20名以上
    ※障がい者とその介護者1名は無料(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください)
    ※前売券は、東京国立博物館正門チケット売り場(窓口、開館日のみ、閉館の30分前まで)、展覧会公式サイト、各種プレイガイドにて、2019年1月15日(火)から3月25日(月)まで販売

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京国立博物館、真言宗総本山教王護国寺(東寺)、読売新聞社、NHK、NHKプロモーション
  • 休館日

    月曜日、5月7日

    ※4月1日(月)[特別展会場のみ開館]、29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※会期中の金曜・土曜は21:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

陶と模様のものがたり 菊池コレクション

陶磁器の模様は、ものの形にそって立体的に展開し、その表面を飾るだけではなく、土や釉薬などの素材、焼成が引き出す質感や色彩と相互に影響し合うことで、作品に豊かな表情をもたらす。また、描く、彫る、押す、貼るなど、用いられる装

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る