大阪府

浮世絵の妖術とモノノケ―「奇術競」と「和漢百物語」―

同館が所蔵する浮世絵版画の中から、現代においては漫画やアニメの登場人物として知られる、ヒーローやヒロインたちと敵役となるモノノケたちを中心に紹介する。三代歌川豊国が描く「豊国揮毫奇術競」37枚と月岡芳年が描く「和漢百物語」27枚をすべて展示。展示する作品の登場人物たちを取り上げる小説や物語の一文とともに、浮世絵版画の世界を楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2018.08.112018.09.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般500円、高・大生300円、中学生以下無料

    ※ 団体(20名様以上)は2割引
    ※ 65歳以上は2割引
    ※ 各種障がい者手帳を提示された場合、本人及び介助者1名様は無料
    ※ 詳細については電話にてお問い合わせください

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    和泉市久保惣記念美術館
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

歌麿とその時代  浮世絵黄金期の輝き

江戸時代後期、庶民の大衆芸術であった浮世絵がめざましく発展し、寛政期(1789〜1801年)には「美人画」を代表する絵師、喜多川歌麿が登場する。上半身をクローズアップして描く「美人大首絵」を確立した歌麿は、女性の仕草や表

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る