群馬県

本と美術の展覧会vol.2「ことばをながめる、ことばとあるく——詩と歌のある風景」

太田市美術館・図書館が「本」と「美術」の架橋を目指して実施する〈本と美術の展覧会〉第2弾として開催するもの。
今回のテーマは詩と歌(短歌)。画家が絵具を素材とするように、言葉を用いて表現・思考の新たな地平を切り開く詩人・歌人たちの作品が、グラフィックデザイナー・画家・イラストレーターたちとの共同によって、当館の展示空間に展開される。
本とは別の居場所を得た詩や歌は、はたしてどのような姿でわたしたちの目の前にあらわれるのだろうか。そしてそれは詩や歌を「読む」という行為に、どのような変化をもたらすだろうか。本展では、鑑賞者が美術館という空間のなかにおける言葉を眺め、それらの言葉とともに歩き、さまざまな視覚表現とともに鑑賞することで、詩と歌の新たな鑑賞体験の獲得を目指す。

開催概要

  • 会期

    2018.08.072018.10.21
  • 会場

  • 観覧料金

    一般500円

    ※65歳以上、高校生以下、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の交付者及びその付添人1人は無料
    ※おおた家庭の日(毎月第1日曜日)は中学生以下の子ども同伴の家族無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    太田市、一般財団法人太田市文化スポーツ振興財団
  • 休館日

    月曜日(9月17日、24日、10月8日は祝休日のため開館、翌日火曜日休館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る